インフルエンザに感染した場合によく処方されるのはタミフルです。タミフルを飲めばつらい症状がすぐに改善されます!また、症状が治まっても自宅待機が必要な理由など、インフルエンザに関わる情報を当サイトでは提供していきます。

  • ホーム
  • インフルで喉の違和感はタミフル治療と全国感染マップ

インフルで喉の違和感はタミフル治療と全国感染マップ

日本では新聞やニュース、ネットなどでインフルエンザの流行マップが発表されます。
日本全国を地図で黄色ので示された地域は感染に注意が必要で、赤色になると感染が非常に拡大しkなりの警戒が必要になります。
このように新聞やニュースで報道されるほど、人にとってインフルエンザ感染は危険なものであると言えます。
最初こそのどの違和感だけで、あまり危険な状態ではなく、ただの風邪であると見過ごす人もすくなくありません。
しかしインフルエンザに感染すると次第に肺でのインフルエンザウイルスの増殖が始まり、様々な酷い症状が見られるようになります。
40度程度の高熱が出たら、ほぼインフルエンザに感染していると言って間違いありません。
しかしそのまま放置するのは危険であり、感知させるには必ず医療機関を訪れることが大事です。
医療機関では鼻の粘膜を採取して、検査に欠けます。
陽性でインフルエンザと分かると、専門の治療薬であるタミフルを処方してくれます。
タミフルは肺でのウイルスの増殖を食い止める効果があります。
ウイルスの増殖が食い止められると、次第に熱が取れそれに伴う倦怠感や関節痛、下痢やおう吐なども緩和する様になります。
しかし子供や高齢者が感染すると重症化しやすく、脳症や肺炎を併発することもあります。
そのため流行シーズン前に感染予防対策を講じることが大事です。
一番賢明な感染予防対策はインフルエンザの予防接種を受けることです。
9月から10月頃に接種しておけば、体に抗体ができて流行ピーク時に感染する確率を軽減してくれます。
また持病のある人は、医師と相談してリレンザと言う治療薬を処方してもらい、感染予防薬とすると良いでしょう。

関連記事