インフルエンザに感染した場合によく処方されるのはタミフルです。タミフルを飲めばつらい症状がすぐに改善されます!また、症状が治まっても自宅待機が必要な理由など、インフルエンザに関わる情報を当サイトでは提供していきます。

  • ホーム
  • ティーツリーとタミフルと体重について

ティーツリーとタミフルと体重について

ベッドに鼻をかんでいる女性

寒い時期になると毎年のようにインフルエンザが流行するのですが、最近ではさまざまなインフルエンザ対策グッズが登場しています。
ちなみに、アロマオイルの一つであるティーツリーオイルにもインフルエンザの予防に効果があると言われています。
ティーツリーはオーストリアやニュージーランドなどに生息する木のことであり、葉からオイルが抽出されるということです。
何千年も前から切り傷や火傷などの治療に使われていたとされており、スパイシーでフレッシュな香りが特徴です。
ちなみに、ティーツリーには抗菌作用のある成分などが含まれており、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する効果があるということです。
タミフルは抗インフルエンザ薬として知られており、大人でも子供でも服用することができます。
基本的には風邪薬などと同じように服用することにより、決まった時間になったら水やぬるま湯と一緒に薬剤が入ったカプセルを飲むことになります。
しかし、タミフルはインフルエンザの治療に用いる場合と予防に用いる場合では服用の仕方が異なりますし、予防に利用する場合は大人と子供によっても服用の仕方が異なります。
インフルエンザの治療に用いる場合は、1日に2回を5日間服用することになります。
症状が軽くなった場合でも体内にウイルスが残っていることがあるため、5日分はしっかり飲み切るようにしましょう。
そして、インフルエンザの予防に用いる場合は1日に1回を服用することになります。
成人の場合は7日間から10日間飲み続けることになりますが、小児の場合は10日間飲み続ける必要があります。
なお、タミフルの服用時における小児とは体重が37.5kg以上の子供であり、小学校高学年くらいの子供からこの薬を服用することができます。
またインフルエンザの予防に用いる場合は、1日に1回を7~10日間服用を続けてください。
飲み始める時期についても確認しましょう。

症状発現から48時間経過後に投与を開始した患者、もしくはインフルエンザウイルス感染患者に接触後48時間経過後に投与を開始した場合における有効性を裏付けるデータが得られていない為、インフルエンザ症状発現、感染患者との接触から、2日以内に服用する事が推奨されています。

引用元:タミフル75mgの通販:単品7,980円【まとめ買い14%割引】ネット総合病院

用法・用量をよく確認して正しく服用しましょう。

関連記事